脱毛後の皮膚トラブルをまとめてみました!

トリア脱毛器,ムダ毛処理 ムダ毛処理は、施術方法が何であれ1回でキレイに毛が無くなることはない。これはどのムダ毛処理方法を用いても共通していることです。 なぜ夏から脱毛を始めるのか?というと、1回でキレイに脱毛できると思っている人が多いから。それは間違いなのです。

脱毛後の皮膚トラブルをまとめてみました!

脱毛が肌に与えるダメージは高いので、
脱毛後の皮膚トラブルを知っておくことも大切になってきます。

 

 

 

毛嚢炎

 

毛穴が膿んだり炎症を起こすことがあります。
ニキビとほぼ同じ状態のことです。体にできるから毛嚢炎と言います。

 

 

炎症性色素沈着

 

毛嚢炎を起こしたとき、そのあとがシミとして残ることがあります。
そのことを炎症性色素沈着と言います。

 

 

埋没毛

 

抜毛によって毛穴に傷ができ、傷が治る時に毛穴がふさがったようになり、
次に生えてきた毛が毛穴から出られずに、潜った状態になること。

 

放置すると可能して毛嚢炎を起こすことがありますので気をつけてください。

 

 

瘢痕化

 

傷が付くと、修復するために新しい皮膚ができてきます。
その新しい皮膚を瘢痕と言います。
瘢痕は元の皮膚よりも硬くなります。

 

繰り返すことで、皮膚が硬くなったり、
毛穴がボツボツと目立ってくることがあります。

 

 

 

脱毛後の皮膚トラブルには様々なものが存在することがお分かりいただけたと思います。
しかし、ムダ毛を処理せずにいることはとても苦痛ですし、ずっと悩みが継続します。

 

 

肌へのダメージを最低限で抑えれるように
クリニックやエステで、短期間に脱毛するのもひとつの方法です。

 

 

また、家庭で脱毛をする場合でも
家庭用脱毛器のフラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器を使うと
カミソリ処理や毛抜き処理よりも肌を傷めずにムダ毛処理できます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 

 

▲ サイトTOPへ