脱毛方法を間違えると肌が傷ついてしまう

トリア脱毛器,ムダ毛処理 ムダ毛処理は、施術方法が何であれ1回でキレイに毛が無くなることはない。これはどのムダ毛処理方法を用いても共通していることです。 なぜ夏から脱毛を始めるのか?というと、1回でキレイに脱毛できると思っている人が多いから。それは間違いなのです。

脱毛方法を間違えると肌が傷ついてしまう

脚の埋もれ毛

 

脱毛方法を間違えると肌が必要以上に傷つけてしまうことはご存知ですか?

 

 

ここでは巷で使われている単語で”脱毛”と言いましたが、
厳密に言うと、毛を取り除くことを「除毛」と言います。

 

 

しかし、みなさんが聞きなれているであろう”脱毛”という表現で、
当サイトは統一していきたいと思ってます。

 

 

さて、話を戻します。

 

脱毛には色々な種類があり、ものによってはトラブルも起こします

 

 

肌の弱い人でもできる脱毛方法って何?というQ&Aがありますが、
実際のところ、脱毛というのはすべての肌に悪いので
「おすすめの方法」というものは存在しないのです。

 

 

そもそもムダ毛という概念はなく、毛は全て伸ばしたままにするのが、
もっとも自然で健康的な状態なのですから。

 

 

と言っても、見た目上ワキを伸ばしっぱなしというのはできませんから、
脱毛をやめるべきだとは言いません。しかし、自分お肌の一部を傷つけているということは頭に入れておくべきでしょう。

 

 

 

では、最も肌へのダメージを与える脱毛はなんでしょう?

 

脱毛には、大きく分けて「剃る」と「抜く」の2通りがあります
それぞれ一長一短ありますが、抜く方が皮膚に大きな負担をかけています

 

 

確かに、剃るよりも抜く方が見た目にすっきりしますし、もちもいいのですが、
肌への負担は大きくなります。
向くということは、皮膚の一部をちぎることになるからです。

 

 

これからどうしても脱毛をしなければ池いのであれば、
「抜く」よりも「剃る」方が肌の痛みは少ないということになります。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 

 

▲ サイトTOPへ